解体屋さんが家にきた、そして不透明な見積もりの謎・・・

桧家住宅さんと契約から10日後、解体屋さんがおうちに来ました。

お願い、一声かけて・・・

この日は、家で仕事をしていたのですが、庭からパキパキという音が聞こえ、突如愛犬が「ワン!」と庭に向かって吠えました。
猫か?と思ったら、解体屋さん。

いないと思って、声をかけなかったんだそうですが、一声かけてほしい・・・

終わったら声をかけますといって、家の周りを見たり大きさを測ったりしていました。

待つこと30分

敷地内にあるもので、残しておきたいもの(庭木や石、物置、塀など)の確認をされました。
うちはそういうものは特にないので、完全な更地にしていただくようにお願いしました。

私からは、屋根の瓦(予備)や庭のツボなど捨てにくいものがあるけれど、残しておいていいか聞いたところ、そんなにないから残しておいてOKとのこと。

予定では、あと1ヶ月半後くらいに解体だねと話していたのですが、いろいろあり結局この日から4ヵ月半後の解体となります。。。

解体工事の見積もり

あとで桧家さんの見積もりを見たら、解体費用が165万になっていました。(しかも概算)
その他付帯工事(桧家)
最初の見積もりでは120万と出ていたので、約40万UP。

調査は外から見るだけだったので、最初の見積もりとこの日の見積もりと何の変化もないんですよね。
置いてあるものも、当然ですが家の大きさが変わるわけでもない。

なのになんで40万アップしてるのか???

桧家さんからの説明

後日、桧家さんに聞いてみたのですが、「何かが追加になって165万になりました」とのこと。

何かが何なのか、知りたいんですけど・・・

本当にかかる費用ならもちろんいいのですが、家の見積もりって、高いのに不透明な部分が多いですよね。
最初かっら165万で出ていたら、何も思わなかったと思いますが、ちょっとひっかかります。

どこかの段階で、しっかりとした説明があることを希望しています。

スポンサーリンク

今日の気づき

解体工事の見積もり、できれば内訳を知りたい

トラブル続出の太陽光発電!?
 

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

  1. 高額な退去費用を請求されたら・・・ マンションやアパートの退去費用が、不当なほど高かった時にどうし…
  2. 建物滅失登記とは 建物滅失登記とは、登記してある建物が取り壊しなどによって滅失したときに、申請する…
  3. セコム損保との出会い 保険探しの旅もこれで最後です。 火災保険の一括見積もりを利用した際に、…
ページ上部へ戻る