いよいよ解体工事!でも、その前に必要な手続き。

引っ越しと同じで、解体工事の前にも、しておかないといけないことがあります。
営業さんや解体工事屋さんが、丁寧に指示してくれると思いますが、我が家の場合は、あまり教えてもらえず、どうしたらいいのかワタワタしてしまいました。

電気の停止・メーターの撤去

電力会社に電話をして、「何日に引っ越しをするので、電気を止めてください」と伝えます。
この時に、解体することをお話すると、電気の切り離しとメーター撤去に工事に来てくれます。

うちの場合は、電話をしたときに「切り離ししますか?」ということを聞かれて、意味がわからず「残しておいてください」と言ってしまいました。
というのは、工事の時に電気って使うよなぁ・・・と思ったからです。
一応営業さんにも確認すると「残しておいて」とのことだったのですが、解体工事の日になって「電気切り離しした?」と解体屋さんに聞かれ・・・慌ててしまいました。

でも、解体屋さんはプロなので、「うちで電話してやっておくよ~」と言ってくださいましたが、念のため自分達からも電話をしておきました。
無事に解体工事の日に、電気の切り離しとメーター類を撤去できましたが、本来なら事前にやっておくべきことのようです。
電力会社に「切り離しますか?電気残しますか?」と聞かれた場合は、「切り離してください」と答えましょう。

ガスの停止・切り離し

ガス会社に電話して、「解体工事のため、何日からガスを停止してください」というむねを伝えます。
電気と同じように、ガス管を切り離す工事をすることになります。

我が家は、ただガスの停止と連絡をしただけでしたので、切り離し工事もしてませんでした。
こちらも同じように解体屋さんに言われてはじめて知り、解体屋さんが手配してくださいました。

水道について

水道も、同じように「解体工事のため、何日より停止してください」と連絡をします。
水道は、切り離しをする場合としない場合があるようなので、解体屋さんと水道屋さんに相談をしながら決めたほうがいいと思います。

我が家は、解体時に切り離しはしていませんが、メーターを埋める工事をしました。
余談ですが、古い家だと水道メーターが大きくでっぱっているのですが、最近のおうちはコンパクトな感じにしてあることが多いようです。
古いままだと工事に影響がでるので、建て替えの際に切り替えをすることが多いようです。

おそらくその工事の時に切り離しをして、工事用の水道を新たに引き込んだものと思われます。
水道引き込み料金として、あとで8000円の請求書が届きました。

スポンサーリンク  

電話・ケーブルテレビ・ネットの停止と引き込み線の撤去

利用しているそれぞれの会社に連絡をして、「解体工事のため、停止と撤去をお願いします。」と伝えます。

我が家の場合は、すべてJ-comにお願いをしてあったので、連絡は1回で済みました。
J-comは、けっこう忙しいので、急には来てくれません。
余裕をもって連絡をしておいた方がいいですね。
我が家はドタバタで、やはり解体工事当日になってしまいました。。。

残置物の確認

解体屋さんとの打ち合わせで、何を残しておくか決めておきましょう。
解体工事は、容赦なく取り壊します(笑)
あとから、あれを残しておいて~と言っても、時すでに遅し。

我が家は全部撤去してもらい更地にしてもらいましたが、解体屋さんから「この灯篭買ったら高いけど、いいの?石もいらないの?」と何度も聞かれました。

郵便物・宅配物の転送届

郵便局への転送届は、解体工事や引っ越しの数日前までにしておいたほうがいいです。
処理に2~3日かかるので、その間に届いた郵便物が届かず返送されてしまうこともありますから。

忘れがちなのは、宅配業者さんへの連絡です。
宅配便をよく利用する場合は、一報入れておくといいと思います。

うちは、よそ様から宅配便が送られてくることもそうそうないので、しませんでした。
が・・・ヤマトのメール便も届かなくなってしまうので、仕事先からの書類が返送されてしまったことがあります。
ゆうパックなら、郵便局の転送届を出しておけば無事に届きますが、ヤマトさんや佐川さんなどの宅配業者さんを利用することが多い場合は、一報しておくと便利です。

転居届

引っ越しをするわけですから、市区町村に転居届を出す必要があります。
これは、引っ越し後でもかまいませんし、仮住まいだから出さないという人もいるようです。
が、同じ市内町内でない場合は、出しておかないと不便なこともありますし、仮住まいの期間がどのくらいになるかもわからないので、出しておいたほうがいいですよね。

餅は餅屋というように、解体工事に伴うことは、営業さんより解体工事屋さんに聞いた方がいいと思いました。
私は今まで何度も引っ越しをしていますが、解体工事の場合は、上記のように通常の引っ越しではしないような手続きも必要です。

我が家のように、当日になってバタバタしないように、早めの準備をおススメします!

今日の気づき

餅は餅屋。
解体工事に伴う工事は、営業さんより解体工事屋さんに聞くべし!

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

  1. ニュース カーテンを検討している際に、候補の1つだったカーテンDo!さんが、破産したとのニュースで…
  2. 住友不動産の企画 おもしろいな~と思ったニュースがありました。 ニュース記事はコチラから …
  3. キッチンウォールキャビに惚れた理由 我が家は、ごく標準仕様で、これといったオプションは付けていませ…
ページ上部へ戻る