解体工事の残置物、どこまで自分で処分する?

処分に困るゴミ

長年住んでいた家をカラッポにすることって、すごく大変です。
身を持って感じました・・・

どうやって処分していいかわからなかったゴミもありますよね。
私が困ったのは

・中身が残っているスプレー缶やライター
・大量の不燃物
・ぬいぐるみや人形
・リサイクル料のかかる家電
・粗大ごみなのか不燃物なのかわからない大きさのモノ
などなど

処分品がまとまっていれば、捨てやすいのですが、家中のありとあらゆる場所から出てくるので、整理が大変です。

何度も業者さんに依頼したい・・・と思いました。

ちなみに、不用品買取業者さん、大手の引っ越し屋さん、解体業者さんでも、不用品の処分をしてくれます。
ただ、整理されていないと料金もすごく高くなりそうです。

丸丸残してしまうと、解体費用と同じくらいの処分費用がかかることもあるそうです。

なんでそんなに高いの?

自分でもできない荷物の整理を、他人がやるのは大変なことですよね。
人件費もかかりますし、トラック代金もかかります。
解体屋さんの話によると、「家一棟分のゴミとなると、普通のゴミとして処分できないものが多く、いろんなところにゴミを運ばないといけない。そうなると処分費用が高くなってしまう。
ゴミがまとめてあって、1カ所だけに運べばいい場合は、その分費用を抑えられる。」そうです。

スポンサーリンク  

不用品買取の見積もりに来ていただいた方にも、「不用品がまとめてあれば、料金おさえられますよ」とおっしゃっていたので、種分けが大変なのでしょうね。

残しておいていいもの

解体工事が始まる前に、何を残しておいていいのか解体屋さんに聞きました。

タンス
スチールでできたラックなど

家と一緒に処分できるようなものは、置いていっていいようです。
我が家には、予備の瓦や、庭飾りのツボなどもありましたが、それらも家と一緒に処分できるので残していきました。

また、エアコンや照明器具など、取り外しが大変で新居で使わないものは、置いて行っていいよとおっしゃってました。
これは、おそらく見積もりに入っているんじゃないかなと思います。

残しておいてほしくないもの

中見の入ったスプレー缶
ガラス製品
家電品
など

捨てに行く場所が違うから、これらは処分してほしいと言われました。

出来る限り自分で処分をしましたが、小さな段ボールに1つくらいは、どう処分していいのかわからないものが出てきてしまいました。
例えば、スプレー缶の処分・・・
1つ1つキリで穴をあけて、中身を出して捨てましたが、ほんと大変でした。
でも、ガスや殺虫剤など、大量に噴射したらやばそうなものは、穴をあけることができず、解体屋さんに当日相談させていただきました。
そのくらいの量であれば、捨てておくよとおっしゃってくれたので、どうしていいかわからないゴミは、相談してみるといいかもしれませんね。

今日の気づき

残置物、出来る限り自分で処分!

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 2月 14日




ピックアップ記事

  1. ニュース カーテンを検討している際に、候補の1つだったカーテンDo!さんが、破産したとのニュースで…
  2. 住友不動産の企画 おもしろいな~と思ったニュースがありました。 ニュース記事はコチラから …
  3. キッチンウォールキャビに惚れた理由 我が家は、ごく標準仕様で、これといったオプションは付けていませ…
ページ上部へ戻る