仮住まい探し① 仮住まいに求めるもの|桧家住宅ではじめての注文住宅を建てる件

仮住まい専門の不動産屋さん

2014年の8月末のこと
営業さんから、「そろそろ仮住まい探しをしておいてください」と言われました。

仮住まいの場合は、ほんの数か月とちょっと特殊なので、自分で探すよりも専門の不動産屋さんにお願いしたほうがいいということで、桧家住宅さんから仮住まい専門の不動産屋さんをご紹介いただくことになりました。

仮住まい専門のテンポラリーハウスという会社です。

仮住まいに求める条件

さっそく担当の方からお電話をいただき、いくつか条件に合う物件を送っていただきました。

必須条件

  • 子供2人OKなところ
  • 小型犬2頭がOKなところ

可能なら欲しい条件

  • 広さは、荷物置き場に1部屋使えるくらい(2LDKか3DKなど)
  • なるべく家の近く
  • なるべく安いところ
  • 2階よりは1階の方がいい

こんなところでしょうか。
数か月の住まいなので、そこまでこだわりはありませんが、子供の保育園や家の見学のことを考えて、できれば近くがいいな~と思います。

数日後、5件くらいの物件情報が送られてきました。
担当の方いわく、ペットが2匹いるということで、物件数がかなり限られてくるとおっしゃっていました。
犬1匹ならもうちょっと選択肢も広がるようですが・・・まだまだペット連れは肩身が狭いです(涙)

場所確認

気になった物件を2件ほど、自分で確認しに行ってきました。
最初にいいな~と思っていた一戸建ては、道路も狭くてうっそうとしたところにあったので、荷物の運び入れなど大変そうな感じ。
一戸建てなので、ネット回線の引き込みを自分でしないといけないようでした。

スポンサーリンク  

もう1件は、ちょっと古いアパートでしたが、場所的にはいい感じでした。

こうやって場所を確認してみるだけでも、気が付くことがありました。
ご紹介いただいた物件は、すべて場所的には問題なかったのですが、ネットが繋がる状況か、荷物の運び入れは楽にできるかどうか、そんなところを基準にして物件を絞っていこうと思いました。

いったいいくらかかるの?

家賃の差は、一番安いところと高いところで、約3万円の差がありました。
うろ覚えですが、5万5000円~9万円くらいだったと思います。

でも、敷金礼金のあるなし、保証料の金額などもあるので、月額の料金だけでは決められない感じです。

そこで、テンポラリーハウスさんにお願いして、5ヶ月住むことを想定して、最初にかかる費用と月額費用を出してもらうことにしました。

すると、高いなと思っていた物件が、総額的に見ると、思ったよりは安かったということがわかりました。

それなら、ネットの引き込みがすでにされてあって、きれいなマンションがいいかな・・・とも思えてくるわけで・・・

各家庭のお財布状況にもよりますが、うちの場合は、最初に支払う金額が安ければ、月額が高くても助かる・・・といった状況なので、「いつ、いくらかかる」というものを知っておくことは、すごく重要なのです。

見学もすぐにさせてくれるそうなので、さっそく見学に行ってみることにしました!

今日の気づき

  • 仮住まい探しは、仮住まい専門の不動産屋さんがいいらしい!
  • 仮住まいの値段、家賃だけでなくその他にかかる費用も考えてみよう

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

  1. ニュース カーテンを検討している際に、候補の1つだったカーテンDo!さんが、破産したとのニュースで…
  2. 住友不動産の企画 おもしろいな~と思ったニュースがありました。 ニュース記事はコチラから …
  3. キッチンウォールキャビに惚れた理由 我が家は、ごく標準仕様で、これといったオプションは付けていませ…
ページ上部へ戻る