引っ越しで買取してもらったもの まとめ

どうせ処分するなら!

今まで、自分の持ち物を売るのは気恥ずかしくて、本や服、家電など使えるものも大量に捨ててきました。
でも今回は何かとお金もかかるし、捨てるのも大変なので、売れそうなものは買取依頼をしてみました!

今はわざわざ店舗にいかなくても、集荷に来てもらって見積もりを依頼することができるので、とっても便利です。

本・DVD・CD

宅配で送って、見積もりをしてもらい、OKならそのまま買い取ってもらうというものです。
段ボールで15箱くらい送り、1万円くらいでした。
発送してから、2週間弱でお見積もりが送られてきました。

中見は、わりと新しい漫画も入っていましたが、ほとんどがビジネス書なので、これくらいなのでしょうね。

本は、資源ごみとして出すか搬入するかどちらかだったので、家まで取りに来てくれて、わずかでもお金をもらえるのは嬉しい!

我が家の荷物のほとんどが、本と服だったので、スッキリしました^^

注意点は、表紙のないものや雑誌はNG!
あと未開封のCDやDVDも買取できないのですが、気が付かず未開封のものを入れてしまい、返送されてきました・・・

買取を依頼したのは、ネットオフさんです。

着物

こちらも宅配で送って、見積もりをしてもらう形です。
満額屋さんに依頼しました。

祖母と母親の着物と小物を6箱送り、約1万5千円でした。

母は着物が好きで、けっこうお金をかけていたので、もうちょっといくかな?と思いましたが、値段のつく着物ってほんの少しみたいです。
大島紬などもありましたし、小物系も新品が多かったのですが、ブランド物でないと高値は難しいですね。

  • ポリエステルやウールの着物は、値段がつかない
  • サイズの小さいものは、値段がつきにくい

と聞きましたので、自分で素材が確認できるものについては、送りませんでした。

見積もりは、2週間くらいかかると聞いていましたが、1週間もかからず送ってくださり、とても素早い対応をしていただきました。

勲章や戦争関連のもの

祖父が軍人さんで、勲章や階級章など、戦争関係のモノがたくさんありました。
軍服や刀は、親が存命の際にすでに売ったそうですが、勲章だけは記念に取っておいたようです。
その時代の人にとっては大切なモノでしょうし、売ることにものすごく抵抗がありました。
でも取っておいても生かすことができない・・・と思い、思い切って売ることにしました。

個人にとって大切なものでも、実際そんな価値のあるものは少ないようで、全部で3万円ほどでした。
不思議だったのが、古い写真も買取っていただけたこと。
祖父の個人のアルバムですが、写真ってすごく捨てにくくて困っていたので良かったです。

スポンサーリンク  

あと祖父母は、某有名政治家さん(総理大臣にもなった方)と交流があったようで、お言葉の書いてある色紙やら額やらたくさんありました。
その方のつながりで、政治家さんたちの色紙がいっぱいあったのですが、どれも価値なしだそうです。

個人の古い写真に値がついて、政治家さんのサイン的なものは値がつかない。
素人には、さっぱりわかりません^^;

時計

父の趣味で集めていた時計。
たくさんありましたが、価値がついたのは2点だけで、他は一式まとめて引き取りという形でした。

何点あったか忘れてしまうくらいいっぱいありましたが、1万2千円ほどでした。

切手や古いお金

これは引っ越しをするちょっと前に、地元の質屋さんで買取をしていただきました。

父の趣味で切手を大量にコレクションしていましたが、実際の価格の6割ほどで買い取ってくれました。
買った価格以上になるのは、よほどのものだそうです。

他にも、古いお金など大量にありましたが、それらも価値がつくものではなく銀行での換金をすすめられました。

売れなかったもの

ホイール

前のクルマにつけていた自慢のホイールでしたが、ホイールは5年以内のものでないと基本的には値段がつかないそうです。
無料で引き取ってくれるところがあるので、処分費用はかかりませんでしたが、かなりお気に入りのものだったのでショック・・・

剥製

剥製って捨てにくいですよね。お寺などでお炊き上げをしてくれるそうですが、この時はそこまで頭が回らず、はくせいの買取で検索して見積もりにきていただきました。

うちにあったのは、キジのはく製2点でかなり立派なものでしたが、引き取り不可能・・・
キジはよく出回っているので、商品にならないそうです。
実際うちにあったのも、親せきが狩猟をしたものなので、親せきのおうちには山ほどありました。

処分に悩んでいたところ、解体屋さんの常務さんがひきとってくださりました。
感謝です。

骨董品・人形系

母の趣味で、我が家には、なんとか焼きとか壺とかたくさんありました。
博多人形のような人形もたくさんありました。

おそらく買ったときは相当のお金を出したと思いますが、価値がないということで処分したり、近所の人にあげたりしました。

今までたくさんのモノを捨ててきましたが、少しでもお金になるものはあるんですね。
ちょっと後悔しました。レコード再生機とか捨てちゃったのですが、けっこういい値がつくようですよ。

今回の引っ越しでは、不用品処分でお金がかなりかかりましたが、こうやってお金に変わったものもあるので、時間がかかっても丁寧に片づけをしてよかったです。

親がこれは価値があるものだから・・・と大切にしてたものは、あまり価値がつかず、捨てようかと思っていた古い写真や時計に価値がついたりと、素人にはわからないことだらけです^^;

今日の気づき

物の価値、素人にはよくわからん・・・

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

  1. ニュース カーテンを検討している際に、候補の1つだったカーテンDo!さんが、破産したとのニュースで…
  2. 住友不動産の企画 おもしろいな~と思ったニュースがありました。 ニュース記事はコチラから …
  3. キッチンウォールキャビに惚れた理由 我が家は、ごく標準仕様で、これといったオプションは付けていませ…
ページ上部へ戻る