いよいよ住宅ローン本審査!面談で聞かれることと必要書類について

インテリアコーディネートの段階で、一度金額を〆て(これを営業で〆るというらしいです)、いよいよ住宅ローンの本審査です。

我が家の場合は、会社経営をしているため、用意する書類が多いようです。

用意する書類等

  • 契約書(見積書・設計図面を含む)
  • 印鑑証明・住民票
  • 実印・本人確認証明証
  • 収入関係書類

–課税証明書
–源泉徴収票
–給与明細
–法人税納税証明書
–法人決算書
–試算表・売上が確認できる書類

  • 自己資金が確認できる書類(通帳や有価証券など)

漏れがあるかもしれません・・・

書類はたくさんありますが、市役所と税務署に1度行けば揃ったので、手間もかかりませんでした。
ちょっと面倒なのは、3年分の会社の書類。
これも事前審査の段階で用意したものがほとんどなので、今回慌てて準備したようなものはありませんでしたが、事前審査の時は、次から次へと必要書類を言われて大変でした・・・

面談で大切なこと

住宅ローンの面談というと、ちょっとドキドキします。
事前にネットでどんなことを聞かれるのか調べていたところ、「一番大切なのは、時間に遅れないこと」と書いてありました。

なるほど。お金のことですから、時間に遅れる人はお金にだらしないと思われてしまいますよね。
前日は時間に遅れないように、翌日の流れを頭の中で何度もシュミレーションしました。

ホントかどうかはわかりませんが、何事においても時間を守ることは大切ですものね。

面談で聞かれること

さて、どんなことが聞かれたか・・・

実は、我が子がこの時ぎゃんぎゃん泣いてしまい、私は赤ちゃんをあやすのに精一杯で、頭が真っ白になってしまいました。

担当さんが「うちも半年の子供がいて・・・大変ですよね」と声をかけてくださったのが、救いでした。

赤ちゃんに必死で、すべてを記憶しているわけではありませんが

まず、融資の流れについての説明がありました。
利息や返済期間、金額の確認、今後の流れ、注意事項など、書類に書いてあることを1つ1つ丁寧に説明してくださいました。

それから、仕事については、どんな事業なのか、新事業を立ち上げたのでその内容、売上の推移の理由(業績の悪い時期の理由やそこから回復したときの理由など)を、簡単にお話しました。

ただ事前審査の段階で、ほとんど伝わっていることだと思うので、再確認という感じで、そんなに長くお話したわけではありません。

スポンサーリンク

営業さんからは、事前審査から本審査の段階で値段がかなり増えているので、その点をつっこまれるかもしれないと言われていました。
おうちの仕様変更と答えればよいと言われていましたが、そこも聞かれませんでした。
「建物価格いくらですね」と確認されただけです。

その後、申込書に記入して終わりでした。

時間にして30分弱でしょうか。

本審査で落ちるケースは!?

営業さんは「事前審査から今日までの間に、よほどのことがなければ大丈夫でしょう」とおっしゃっていましたが、審査の結果が出るまでドキドキです・・・

ちなみによほどのこととは、
・会社が倒産した(辞めた)
・借金をした
というようなことです。

引き渡しまでは、絶対に会社をやめたり、変えたりしないでください!と念を押されました。

よほどのことをしていなくても、結果が出るまでは、ドキドキです・・・

今日の気づき

住宅ローンの本審査より、事前審査のほうが大変だったかも・・・

トラブル続出の太陽光発電!?
 

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 13日




ピックアップ記事

  1. 高額な退去費用を請求されたら・・・ マンションやアパートの退去費用が、不当なほど高かった時にどうし…
  2. 建物滅失登記とは 建物滅失登記とは、登記してある建物が取り壊しなどによって滅失したときに、申請する…
  3. セコム損保との出会い 保険探しの旅もこれで最後です。 火災保険の一括見積もりを利用した際に、…
ページ上部へ戻る