桧家住宅で、青空リビングと小屋裏収納と太陽光、吹き抜けすべてを作るのは、けっこう難しいかもしれない。

桧家住宅で売出し中!?の青空リビングと小屋裏収納。
我が家は、どちらもつけたのですが、この2つをつけたために、間取り作成に頭を悩ませました。

二階に階段が2つあるとどうなる?

青空リビングと小屋裏収納を両方つけるとしたら、2階に階段が2つできることになります。
階段を作るのに必要な面積は、2畳分。
つまり、階段だけで4畳スペースを使うことになるのです。

これってけっこうなスペースだと思いませんか?
広いウォークインクローゼットが作れるスペースですもん。

さらに、階段は、どこでも作れるわけではありません。
北側斜線があるため、母屋下げになるケースは多いと思います。
我が家もそうなんですが、母屋下げ部分にかかるところには階段が作れません。
腰を折り曲げながら上がっていかなきゃいけない状況に、なってしまいますからね(笑)

場合によっては、西側も母屋下げにしなきゃいけない場合もあると思うので、そういった場合は、かなり階段を作るスペースに制限ができてくると思います。

ましてや、我が家のように「太陽光もつけたい」「吹き抜けもつけたい!」という場合は、間取りを考えるのがけっこう難しいです。

モデルハウスはどうなってる?

青空リビングと小屋裏収納、さらには吹き抜けもあるモデルハウスもいっぱいあります。
でも、モデルハウスの場合は、北側斜線とか関係ないですよね、、、
桧家住宅 間取り
あと私が見たモデルハウスは2件とも、小屋裏収納への階段は、ウォークインクローゼットの中にありました。
部屋(収納)の中に階段を入れてしまえば、間取りも楽になるかもしれません。

やっぱりモデルハウスと実際に建てる家は、違いますよね。

2階に階段2つ設置できない場合

もちろん青空リビングと小屋裏収納、さらには吹き抜けを作ることは不可能なことではありません。
我が家もすべて取り入れることができました。
ただ、階段の位置や形には、あまり口出しできませんでしたし、2階の部屋の配置もある程度決まってきてしまいます。

どうしても小屋裏収納と青空リビングが欲しいけれど、間取りが難しい時は、小屋裏収納は固定階段ではなく、上げ下げできる収納階段にすればだいぶ可能性が高まります。

私も営業さんに「固定階段あきらめませんか?」と一度聞かれたのですが、それだと小屋裏に行かなくなってしまう・・・と思い、固定階段での間取りを考えていただきました。

今日の気づき

2階に階段2つの間取り作成は、けっこう難しい

トラブル続出の太陽光発電!?
 

関連記事(一部広告含む)

まい

投稿者プロフィール

マイホーム建築(2015年桧家住宅で建築)をきっかけに、家づくりに関する情報発信を始めました。

普段は、WEB関連の仕事をしています。
年子の兄妹と、双子のカニンヘンダックスの母。

趣味は、車、飛行機見学、F1、旅行、ホームパーティー、ミシン、酒、犬。
多趣味を極めております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ピックアップ記事

  1. 高額な退去費用を請求されたら・・・ マンションやアパートの退去費用が、不当なほど高かった時にどうし…
  2. 建物滅失登記とは 建物滅失登記とは、登記してある建物が取り壊しなどによって滅失したときに、申請する…
  3. セコム損保との出会い 保険探しの旅もこれで最後です。 火災保険の一括見積もりを利用した際に、…
ページ上部へ戻る